商品紹介
home > 商品紹介 > 地盤・基礎
地盤 地盤
  • スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)

    ■木造住宅でよく使われる方法で、先端がキリ状の器具に
     荷重を掛け、25センチ下がるまでに、ハンドルを何回
     転させたかによって地盤の強さを表すN値を推定します。

    ■調査結果に基づき、強固な地盤の場合は、設計仕様の通
     りの基礎とします。軟弱地盤の場合、その地盤に適した
     補強工事が必要となりますので、コストも含め最適なご
     提案をさせて頂きます。

  • スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)
  •  
  • 表層改良工法    柱状改良工法     鋼管杭工法

スウェーデン式サウンディング調査(SWS試験)
基礎
  • ベタ基礎

    住宅の基礎のつくりで、多く使われているのは、『布基礎』と『ベタ
    基礎』です。建物を支える大切な場所ですから、弊社は『ベタ基礎』
    を標準としています。

  • 布基礎            ベタ基礎

    ベタ基礎
  • シングル配筋

    底盤部は、D10(φ10)以上の鉄筋を250mm以下の間隔で縦と横に
    配筋します。この鉄筋とコンクリートそれぞれの強度性能の良いとこ
    ろを組合わせることで建物をしっかりと支えています。

  • 配筋検査

    配筋が完了したタイミングで社外検査を実施します。見えなくなる部分
    ですから、検査もじっかりと!

シングル配筋 配筋検査

基礎補強

間取りや地盤の状況によっては、縦横の配筋の間隔を狭めたり、D13(φ13)という太い鉄筋を、使用したりします。また、特に必要な場合には、
ダブル配筋(2段に鉄筋を組む配筋)とすることもあります。
※設計施工基準に準ずる。