商品紹介
home > 商品紹介 > 屋根材
次世代性能の瓦
  • 重厚感がありながら、軽さも犠牲にしない。
    それら屋根材に求められる数々の特性を、先進の新
    素材でひとつに融合。瓦を選ぶとき、もう重量や色
    あせなどを気にする必要はありません。
    地震にも安心で、外観寿命の長い住まいづくりを、
    ROOGAの性能がサポートします。

  • 次世代性能の瓦
次世代性能の瓦
カラーベスト
  • 梅雨や台風といった厳しい四季の変化や、万一の災害から住まい
    を守るために。軽量性や強靭性など、屋根材として求められる確
    かな各種性能を備えたカラーベスト。誕生から半世紀もの長き歳
    月を経て磨き抜かれたその性能や品質は、暮らしに対するこだわ
    りを満たし、毎日の安心・快適をサポートします。

  • カラーベスト
カラーベストの性能
ガルバリウム鋼板
  • ガルバリウム鋼板は、アルミニウムの長期耐久性と亜鉛の持つ犠
    牲防食作用(*1)及び自己修復作用(*2)がバランスよく発揮
    され、長期にわたり鋼板の錆を防ぎます。

    *1 犠牲防食作用・・・表面疵や切断面等で鉄素地が露出した場合でも
               鉄よりもイオン化傾向の高いめっき金属中の亜
               鉛が溶出し鉄素地の腐食を防止する作用。

    *2 自己修復作用・・・長期経過後、亜鉛が溶出したその部分に微細で
               凝集性のあるアルミニウムの酸化生成物が充填
               される作用。

  • ガルバリウム鋼板
  • ガルバリウム鋼板
  • ■耐久性

    ガルバリウム鋼板の耐久性は、大気中に長時間さらされてもその美しさは
    衰えにくく、様々な環境や用途で亜鉛鉄板と比べても3~6倍の耐久性を
    もつことが確認されています。

    ■熱反射性

    ガルバリウム鋼板の表面は、光線の反射率が大きいため表面の温度上昇
    (一般品と比べ8℃~23℃低温)が少なく屋根材などに使用すること
    で、室内の温度上昇防止に優れた効果を発揮しています。

    ■耐熱性

    ガルバリウム鋼板のめっき層は、その容積の80%がアルミニウム成分で
    あるため、融点が570~580℃と高いので、300~350℃程度の
    温度であれば、その性質を損なうことなく長時間の使用に耐えることがで
    きます。

    ※稲垣商事株式会社様より